ブースのアルミ枠

ブースのアルミ枠

Thumbnail for: ブースのアルミ枠
Thumbnail for: プレゼン中は満員
Thumbnail for: 写真家のためのライナップ

Kuka Robotics Japan K.K.

ロボット展 2007, 11月28〜12月01日

初めて日本の大手メーカーの中

ブースのサイズとロケーションを見た瞬間確信しました。Kukaは「真剣勝負」に来ると。しかし設立されたばかりのKuka・ジャパンは、このブースを運営するだけの人員を持っていませんでした。そこでドイツ本社は本国からスタッフを送り、我々は通訳の手配を担当しました。その他にもケータリングスタッフやアシスタント、ブース内で常に状況を把握しているスーパーバイザーチーム等様々な人員が投入されました。結果、我々の指揮下30人ものスタッフにより、ゲストのために常に必要な情報や快適さを提供することが出来ました。巨大なライブナレーション付きのLEDスクリーンとアルプホルンによるバイエルン民族音楽の演奏家達もまた、しばしば群衆を解散させるのが困難な程ブースを盛り上げてくれました。

期間: November 28, 2007
規模: 378m2 (4067 ft2)
場所: 東京 (ビッグサイト), 日本

クライアントについて

Kuka (クカ)ロボティクスは、ドイツに拠点を置く産業用ロボットのメーカーです。世界の大手企業の間で、Kukaは自動車業界における溶接用ロボットだけでなく、他ロボットや人間と共同で働くロボットも生産しています。様々な用途の製品ラインの中には、不純物のない部屋での作業専用のステンレススチール製のモデルや、6方向3200mmのリーチを持ち1トンものダンベルを持ち上げる’タイタン’という超重量ロボット等があります。